これから陸マイラーになろうとする人が最初に知っておくべき基礎知識 ④『ソラチカルート』


『なるほど!陸マイラーって人たちはマイルをたくさん貯めていて、それを使って飛行機に乗っていることは分かったぞ!じゃあ陸マイラーになるためには最初に何をすればいいの?


といった方へ、最初に知っておくべき基本的な内容をなるべく分かりやすく書いてみたいと思います。


今回は第4回『ソラチカルート』編です。

ソラチカルートを理解する


ポイントサイトで貯めたポイントを直接マイルに交換できれば話は簡単です。しかしそうはいきません。ポイントサイトからマイルには直接交換できなかったり、直接交換できたとしても交換した時にポイントの数が目減りするため、お得ではないのでした。


そこで考え出されたものが『ソラチカルート』です。ソラチカルートとは、ソラチカカードを持っている人のみ利用することができるポイント交換法の通称です。


f:id:aimiadhaa:20170609171348p:plain


ソラチカカードについて簡単におさらいすると、『メトロポイントをANAのマイルに90%の割合で交換できる』ので、陸マイラーにとって必需品のクレジットカードのことでしたね。


詳しく知りたい方は以下をご参考に。


このソラチカカードの利点を最大限に活かすポイント交換法こそソラチカルートなのです。


では、陸マイラーが利用している代表的なポイントサイト『ハピタス』からソラチカルートを利用してANAマイルに交換した場合について画像で確認してみましょう。


f:id:aimiadhaa:20170607225610p:plain


残念ながらハピタスポイントはメトロポイントに交換することができません。そのためまず『.money』というサイトのポイントを経由してメトロポイントに交換していることが分かります。


ポイントサイトのポイントはメトロポイントに交換できない場合が多いため、メトロポイントに交換できる別のサイトに交換する必要があるのです。


このような別のサイトのことを『中継サイト』と表現します。陸マイラーが利用する代表的な中継サイトには『.money』『PeX』『Gポイント』があります。


f:id:aimiadhaa:20170613204227p:plain

f:id:aimiadhaa:20170613204239p:plain

f:id:aimiadhaa:20170613204247p:plain


ポイントサイトの各種ポイントを、中継サイトを経由しメトロポイントに交換することは面倒な作業に思えますが、メトロポイントからANAのマイルに90%で交換することができるソラチカカードの利点を活かすためには必須作業なのです。

『ソラチカルート』という言葉の意味


ポイントサイトのポイントからANAマイルまでの道のりは、基本的に3回の交換が必要になります。


1. ポイントサイトのポイントを中継サイトのポイントに交換
2. 中継サイトのポイントをメトロポイントに交換
3. メトロポイントをANAマイルに交換


狭義の『ソラチカルート』とは"3"のみを意味すると思いますが、実際は"1"から"3"までの流れを広く表している場合が多く見受けられます。


いずれにせよ、ソラチカルートという単語を見かけたら、この一連の流れを思い起こせるといいでしょう。

最初に知っておくべき基礎知識 まとめ


ブログを開設し、その手始めに『これから陸マイラーになろうとする人が最初に知っておくべき基礎知識』と題し、4回に渡って記事にしました。


ところどころ省略している部分もありますが、"最初に知っておくべき基礎知識"という観点からすれば、大凡の要点は押さえることができたかなと思います。


この入門記事4つをあえて強引に一文で書き表すなら、


『陸マイラーは ①マイルの価値が他のポイントより価値が高いことを理解しているので ②ソラチカカードを発行③ポイントサイトを利用して貯めたポイントを ④ソラチカルートでANAマイルに交換している。』


となるでしょう。もし分からないところがありましたら、該当記事のリンクを文章に貼り付けましたので、参考にしていただければと思います。

あなたがまだ陸マイラーになっていないのなら


今ご覧の方の中に『陸マイラーに興味はあるけれど、まだなっていない』という方、いらっしゃいますか。


旅行や旅に興味の無い方は確かに陸マイラーには向いていないと思いますが、本当に興味のない方はおそらくここまでを読んだりしないと思うのです。


陸マイラーに前向きな姿勢をお持ちでしたら、今日から始めてみてはいかがでしょう。


まだまだ駆け出し者ではありますが、有益な情報となるような記事を書いていこうと思いますので、今後とも『空飛ぶインドアマイラー』をどうぞよろしくお願い致します。