【図解】陸マイラー必須ツール ①『ポイ探』を利用してポイント交換方法の最適解を調べる

駆け出しの陸マイラーは『ポイ探』を今すぐブックマーク!


陸マイラーになったばかりの頃、すでに貯まっているいろいろなポイントをANAのマイルに集約したいと考えたことがありました。


マイルを貯め始めてある程度時間が経つと、自分が集めているポイントの種類や、そのポイントの理想的な交換ルートは自然と暗記できます。


しかし、最初のうちは効率的なポイント交換ルートの最適解など分かるはずもないのでGoogleを開いては『Tポイント マイル 交換』なんて検索したりしたものです。


しかしもうそんな面倒なことはしていません。なぜならポイントを別のポイントに交換するための方法(ルート)を調べてくれるツールがあるからです。


それはポイ探というサイトです。


f:id:aimiadhaa:20170622202143p:plain

【図解】ポイント交換ルートの検索方法


ポイ探の基本的な使い方の一つである、ポイントを別のポイントに交換するためのルートの検索方法を画像を交えて説明していきます。


f:id:aimiadhaa:20170626124303p:plain


こちらはPC版ポイ探のトップ画面です。


ご覧になっている方の多くは陸マイラーの方だと思いますのでソラチカカードを所有していることでしょう。その場合、最初に設定しなければならない項目があります。まず画像右下の『オプション』をクリックします。


f:id:aimiadhaa:20170626131004p:plain

こちらはオプションページの左側画面です。


『ANA関連カードオプション』内にある『ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)保有』にチェックマークを入れたら『ANAカード設定』をクリック


ソラチカカードを所有している人とそうでない人では、メトロポイントをANAマイルに交換する際の交換率が違うのでしたね。


この設定により、今後ソラチカカードを所有している前提で計算が行われます。


f:id:aimiadhaa:20170626124325p:plain


設定を済ませたらトップページに戻ります。トップページ右側に上の画像のような『サーチ』欄があります。ここからポイント交換方法を検索できます。


今回は陸マイラーの利用している代表的なポイントサイト『ハピタス』のポイントから『ANA』のマイルに交換する方法を一例として調べてみます。


f:id:aimiadhaa:20170626124333p:plain


"交換元ポイント"に『ハピタス』を、"交換先ポイント"に『ANA』を選択します。交換ポイント数は便宜上20,000ポイントに設定。検索をクリックします。


f:id:aimiadhaa:20170626124351p:plain


このように検索結果が表示されました。


20,000ハピタスポイントが18,000ANAマイルに交換できることが分かります。今回の例では、ポイント順で検索結果を表示させています。いわゆるソラチカルートが検索結果のトップに表示されました。


画像上部を見て分かるように『ハピタス→ANAマイル』の交換ルートは2017年6月現在、なんと"499件"あるようです。この莫大な検索結果を、必要に応じて『ポイント順』『交換日数順』『交換回数順』に並べ替えることができます。


『自分が持っているポイントを他のポイントに移行したい!』と考えている方は、ポイ探を使って効率的な交換方法を調べてみるといいでしょう。


このように『ポイ探』は簡単にポイント交換方法の検索や比較をすることができます。


非常に便利なツールなので、まだ『ポイ探』を利用していない陸マイラーの方は『どこ得』と合わせてブックマークしておくといいでしょう。


『どこ得』についての解説はこちらから。